スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- -- --:--:--   [スポンサー広告]
亀梨和也くん
亀梨和也くんは、ジャニーズ事務所のアイドルグループ・KAT-TUNのメンバーです。
家族構成は父・母・兄2人(4歳上と2歳上)・自分・弟(4歳下・名前は「裕也」)の6人家族。兄2人は既婚です。
幼少時代から野球のセンスが抜群で、小学生の頃は毎日ボールを投げていたと本人は言う。また、その実力を買われて、小学校6年生の時には、「少年軟式野球世界大会」に日本代表の選抜選手として出場。背番号は「11」で4番バッター、技術面・メンタル面でも日本代表の中心選手だった。ちなみに、2回戦でサヨナラ負け。ジャニーズに入ってからも野球の腕は衰えず、ジャニーズの野球大会でもエースとして活躍している。また、現ジャニーズJr.である、弟の亀梨裕也も彼と共にジャニーズの野球大会に出場、好成績を収めた。
ジャニーズ事務所の入所日は1998年11月8日。事務所入りの経緯は、いとこが履歴書を出し、野球練習後の彼を父がそのままオーディションに連れて行き合格。ちなみに、同じKAT-TUNのメンバーである、赤西仁と中丸雄一も亀梨と同じオーディションだった。その後、2001年3月16日にKAT-TUNを結成。
1998年「3年B組金八先生 第5シリーズ」に重要生徒・深川明彦役で出演し、人気に火がつきました。

かつての日本テレビ系特別番組『所・徳光のスポーツ偉い人グランプリ』で元プロ野球選手を相手にノーヒットノーランのパーフェクトを達成。芸能人ナンバー1打者決定戦でも二連覇。
2005年1月からの日本テレビ系ドラマ「ごくせん(第2シリーズ)で、クールな不良高校生の小田切竜役を演じ、同じく「ごくせん」に出演した赤西仁と共に、全国区の人気を得ました。

2005年4月30日~5月7日「DREAM BOY」KAT-TUN&関ジャニ∞編で主演を務める。この「DREAM BOY」は帝国劇場の1月公演として高い人気を誇っており、2006年には第2弾が公演された。(その時の主役は亀梨と関ジャニ∞の渋谷すばる)。ちなみに、この2006年公演はDVD化され、既に2007年正月に第3弾が公演されることも決定している。 2005年10月から日本テレビ系ドラマ『野ブタ。をプロデュース』にNEWSの山下智久と共に主演。亀梨は「桐谷修二」役として連続ドラマ初主演を果たす。このドラマの一環で、山下智久と同年12月までの期間限定ユニット“修二と彰”として主題歌の『青春アミーゴ』でCDを発売。亀梨はKAT-TUNのメンバーよりいち早くCDデビュー。カップリングには初作詞で、ドラマ「ごくせん」の挿入歌にもなった、亀梨のソロ曲『絆』と、ドラマ「ドラゴン桜」の挿入歌になった、山下のソロ曲『カラフル』が収録。ちなみに、この「青春アミーゴ」は発売からわずか3週間で100万枚のミリオンセラーを記録、2005年の年間シングル売上ランキング首位を獲得しました。
スポンサーサイト

2006.09.02 Sat 20:13:10   [未分類]
赤西仁くん| HOME | 上田竜也くん
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。