スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- -- --:--:--   [スポンサー広告]
KAT-TUN
KAT-TUN(カトゥーン)は、ジャニーズ事務所に所属する日本の6人組男性アイドルグループ。レコード会社はJ Storm内のレーベルJ-One Recordsに所属。2001年結成。
メンバー
K:亀梨和也(かめなし かずや、1986年2月23日 - )B型。
A:赤西仁(あかにし じん、1984年7月4日 - )O型。
T:田口淳之介(たぐち じゅんのすけ、1985年11月29日 - )AB型。
T:田中聖(たなか こうき、1985年11月5日 - )B型。
U:上田竜也(うえだ たつや、1983年10月4日 - )B型。
N:中丸雄一(なかまる ゆういち、1983年9月4日 - )O型。

2001年3月16日、NHK『ポップジャム』の司会を当時務めていた堂本光一の専属バックユニットとして社長ジャニー喜多川の鶴の一声で結成された。そのため正式な結成日はあいまいである。TVデビューは3月26日である。
2002年8月10日~11日、「お客様は神サマーコンサート ~55万人 愛のリクエストに応えて~」と題し、東京国際フォーラムにて初の単独コンサートを開催。タイトルの通り、当初4公演2万人で行なわれるコンサートに、55万人の人からチケットの申し込みがあった。それに伴い2公演を追加、2日間計6公演行われた。また8月26日~28日、大阪松竹座にてコンサートを開催。3日間で20公演行われ2日目には1日11回の公演を行い、同事務所の先輩であるTOKIOとV6が持っていた1日10回の日本記録を塗り替えた。
2003年2月26日にはファーストコンサートの模様を収めたDVDが発売され、CDデビュー前のアーティストとしては初の、オリコンDVD・VHS・総合チャート1位の三冠を獲得。
2003年8月8日~28日、コンサートツアー「Ko年モ Ah Taiヘン Thank U Natsu」を、東京・名古屋・大阪にて開催。
2003年8月12日~20日、フジテレビジョン開局45周年記念イベント「お台場冒険王」企画の一環で「KAT-TUNの大冒険de SHOW」と題したイベントを、お台場にあるホテル・グランパシフィックメリディアン パレロワイヤルにて開催。
2004年1月、帝国劇場で行われた滝沢秀明(タッキー&翼)主演の舞台『Dream Boy』に出演。又、同公演中に亀梨が主役として出演した「KAT-TUN&関ジャニ∞編」が開催された。
2004年8月にジャニーズ事務所の歴史を紐解くエンターテイメントショー『SUMMARY』が原宿ビックトップで開催され、グループのNEWSと対決するという演出で共演した。
2004年12月28日~2005年1月5日、コンサートツアー「KAT-TUN Live 海賊帆(かいぞくばん)」を、東名阪にて開催。1月5日2部、横浜公演ラストの回に、KAT-TUNとして100公演目を達成。観客動員数は延べ55万人を達成した。
2005年1月、メンバーの赤西仁・亀梨和也がドラマ『ごくせん』(日本テレビ系)に生徒役で出演し、30%近くの高視聴率を記録した。続けて同年4月、メンバーの赤西仁がドラマ『anego』(同)に新入社員役で出演し若年層以外の層でも人気が急上昇した。
2005年3月、横浜アリーナで2日間のスペシャルコンサート「Looking KAT-TUN 2005」を開催。
2005年5月、先に出演した「Dream Boy」(共演:関ジャニ∞)を、『Hey! Say! Dream Boy』として梅田芸術劇場にて開催。(主役は亀梨)
2005年5月3日、2枚組DVD『KAT-TUN Live 海賊帆(かいぞくばん)』を発売。初動売上枚数12.9万枚でオリコン音楽DVD初動売上枚数歴代3位。2度目のDVD総合チャート1位を記録。
2005年6月、3月に行なわれたコンサートの追加公演として、初の全国ツアー(全5ヶ所)を開催。さらに8月には再追加公演として横浜アリーナで6公演行なわれ、異例のロングラン公演となった。
2005年11月、『バレーボール・ワールドグランドチャンピオンズカップ2005』(日本テレビ系)のスペシャルサポーターに抜擢。バレーボールのサポーターとして参加した。
2005年11月2日、亀梨和也が山下智久と期間限定ユニット「修二と彰」として、ドラマ『野ブタ。をプロデュース』の主題歌『青春アミーゴ』でCDデビュー。哀愁を漂わせる楽曲として、中高年サラリーマンにも支持を受け発売してから4週間でミリオンセールスを達成。シングルのミリオン達成は2005年初となり、森山直太朗の『さくら(独唱)』以来1年7か月ぶりのの快挙となった。
2006年1月3日~29日、2004年4月と2005年5月に行なわれたミュージカルを、改めて「Dream Boys」(共演:関ジャニ∞)として帝国劇場にて開催。この公演は2007年に再演が予定されている。
2006年1月29日、東京プリンスホテルパークタワーで3月22日にシングル『Real Face』(作詞:スガシカオ 作曲:B'zの松本孝弘)でCDデビューすることを発表。同日にアルバム『Best of KAT-TUN』とDVD『Real Face Film』を発売することも決定。これに伴い所属レコード会社は“すべてにおいてトップを目指す”という意味を立ち上げた“J-One Records”に決定した。
『Real Face』は75.4万枚、『Best of KAT-TUN』は55.7万枚、『Real Face Film』は37.4万枚の初動売上を記録し、3冠を達成。3部門同時首位は、2000年10月9日の浜崎あゆみ以来、5年半ぶり史上2組目で、デビュー新人としては史上初となる。また、USEN(有線)総合チャート・着うたダウンロードランキングをも合わせると5冠制覇となった。
シングルは4/3付の初登場から3週連続となる首位を獲得。3週連続首位は、KinKi Kids『Anniversary』以来、1年3か月ぶり。デビューシングルによる達成はKinKi Kids『硝子の少年』以来8年8か月ぶりで、2000年以降デビューのアーティストとしては初となる。
DVDチャートでは、メンバーの亀梨和也とNEWS・山下智久(特別出演)によるTVドラマ『野ブタ。をプロデュース DVD-BOX』が2.2万枚を売上げ、2位に初登場。これも国内の連続ドラマ作品では史上最高位。
2006年3月17日、デビューをファンに報告する意味も込めて、東京ドームにてコンサートを開催した。尚、CDデビュー前に東京ドームにてコンサートをおこなった単体のグループとしては、ソロアーティストも含めて史上初となった。また、3月28日からは全国ツアーを行い、追加公演を東京ドームにて2公演開催した。
2006年4月3日、「You&J」というKAT-TUN、NEWS、関ジャニ∞の合同ファンクラブを発足。
2006年5月23日、デビュー曲「Real Face」がミリオン達成。発売9週目にしての100万枚突破。また、年度内(前年12月初週日付~当年11月最終週付)での達成は、2003/3/24付のSMAP「世界に一つだけの花(シングル・ヴァージョン)」以来、3年2ヵ月ぶり、デビューシングルとしては2001/6/25付(登場15週目)のCHEMISTRY「PIECES OF A DREAM」以来約5年ぶりの快挙となった。
2006年7月19日、2ndシングル『SIGNAL』を発売。デイリー初登場1位に輝く、デビュー曲と同様に驚異の人気を誇る。初動売上が40万枚を超えデビューから2作連続は史上初の快挙。
2006年8月26日・27日にかけて日本テレビの国民的番組『24時間テレビ 「愛は地球を救う」のメインパーソナリティに選ばれて亀梨和也はドラマで主演した。(当時6人で出演が期待されていたが実現できなかった)
24時間テレビの中では赤西仁がメンバー全員への手紙を読んだ。
スポンサーサイト

2006.09.02 Sat 20:11:13   [未分類]
田口淳之介くん| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。